カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

サッカーボールの選び方

サッカーボールの選び方

サッカーボールの選び方を提案しております サッカーママさんに贈る少年少女達へおすすめ 子供のためのサッカーボール選び


サッカーボールの選び方

周囲・重さなど空気の入れ具合でことなります

ほとんどのサッカーボールが人による手作業、手縫いになります。

職人による手作りになりますにで多少の誤差はあります。

サッカー協会の規格により厳密な審査により規格内のサッカーボールが出来上がりサッカーボール公式試合球になります。

その程宜しくお願いいたします。

まずは自分の合っているサイズを選ぼう!この中からね!

一般・大学・高校・中学校 5号サイズ  5号ボタン

  • 周囲68〜70センチ 直径22センチ 重量410〜450グラム

小学校用 4号サイズ(日本サッカー協会規格)  4号ボタン

  • 周囲63.5〜66センチ 直径20.5センチ 重量350〜390グラム

小学校用低学年 3号サイズ  3号ボタン

  • 周囲58〜60センチ 直径19センチ 重量300〜320グラム

一般 フットサルサイズ(注意3号4号ではありませんフットサルサイズが存在いたします。)  フットサル

  • 周囲62〜64センチ 直径20センチ 重量400〜440グラム

子供用 フットサルサイズ(軽量)  フットサル

  • 周囲62〜66センチ 直径20センチ 重量340〜370グラム(一般からすると約60グラム軽量です。)

手縫いかミシン縫いもしくはサーマルボンディング(アセンテック)

  • 手縫いとは、人工皮革を1枚1枚、縫い合わせて作られたサッカーボールの事 職人により確り縫い合わされたパネルは、◎硬い土や、◎柔らかい土でも糸が切れなく耐久性にとんで、真円に近く日本では、土のグラウンドが多い中最も信頼されて高校生・中学生に使われています。◎当店でも手縫いのサッカーボールをオススメいたしています。糸は縫い目が開きにくい高強力のポリエステル撚糸を使用しています。
  • パネル手縫いペレーダクリック
  • パネル縫い合わせ
  • パネル手縫い
  • パネル手縫い クリック
  • パネル手縫い

  • ミシン縫いとは、人工皮革を1枚1枚ミシン機械により人のてで縫い合わせたパネルのサッカーボールの事を言います。手縫いの太い糸とは違いミシン糸で細かく縫える厚みの限界があり人工皮革は薄いものになります。ミシンの縫い目が見えて耐久性は落ちますレジャー用のサッカーボールが多いです。
  • ミシン縫い
  • ミシン縫い
  • ミシン縫い

  • サーマルボンディング(アセンテック・自動化ライン)・4号サーマルボンディングとは、釜により1枚1枚丁寧に熱接合(サーマルボンディング)されたサッカーボールです。表皮部分の凹凸がなく滑らかで継ぎ目のない表皮構造。これにより繊細なボールタッチを実現し、反発のバラつきの解消に成功どこを蹴ってもスムーズで安定したキック命中精度2.2倍の正確性になりました。スゴイサッカーボールが誕生!おもに芝用のみです。一部土用が出ております。
  • パネルサーマルボンディング
  • サーマルボンディングとは?
  • パネルサーマルボンディング
  • パネルサーマルボンディング

人工皮革(表皮、補強層)の違い

  • 厚みのあり人工皮革 約5ミリ 耐久性がありペレーダ405・VG502に使用されています。土用 練習や公式試合球にもオススメです。
  • 人工皮革
  • 人工皮革
  • 一般によく使われる人工皮革 約2.5ミリ クッション層がないため 半分の厚みになります 耐久性がありコストパフォーマンスでペレーダ285、VG503などに使われています。

バルブ(空気の出し入れ止める部分・へそ)

  • 砂防止バルブの構造 砂防止バルブは空気注入針の差し込み口が砂侵入防止機構付きスリットになっているため、エアー漏れを最小限に防ぎます。コレにより格段にサッカーボールの耐久性が伸びました。
  • バルブ
  • バルブ

★当店でのサッカーボール出荷時には、空気圧を規定以内に入れ納品いたしております。(ボールにより異なる空気圧になりますので空気圧表示はありません。)

 空気を確保するボール内 チューブ

  • 表からは見えない部分なので、みなさんあまり気にしている方は少ないと思いますが、一番重要な部分です。このチューブの差で、練習用サッカーボールに適しているのか、こどもに使わせて好い練習に向いているかが見えてきます。 
  • メーカーとしては、大量生産 大量消費を目的として作られますから、見えない部分ですから、粗悪な素材を使っても、消費者は分かりません いつかは使いつづけて分かるかもしれませんが
  • 価格の判断 高いから好いと考えも答えが簡単ですが より高い商品は、試合専用商品 45分 45分 90分もてば好い 1、真円であること 2、重さが一定である 3、何処を蹴っても同じバランスがとれている事 4、より弾み選手のパフォーマンスを発揮でき、ゲームが楽しめる しかし耐久性はありません FIFAサッカー協会試合でつかわれるボールは、チューブが違い 全く違った観点から作られています、良く弾むより柔軟性があることを、重視しています このサッカーボールを練習で使うと格段に、運動能力はアップしますが、メンテナンスが必要です 毎日空気圧の変化が大きく 1週間もすれば、弾みが変わります 早く空気が抜ける現実がつきてまわります、つねに空気ポンプと圧力計を持ち歩くことになります クラブチームには管理、メンテナンスする運営スタッフがいますので、弾みの好いサッカーボールを良い状態使うことが可能
  • 外から見えないチューブの話になります。 プロ選手が使う、前に話したサッカーボールには、ラテックスチューブを使用しています 試合に一番適しているようです 1番アジア圏でつくられていますそのうち1社が好いらしいです各メーカーほとんどが、そのラテックスチューブ仕様です 空気漏れを防ぐためにカーボンを入れ作られた商品が、ブチルチューブと言います メーカーではこの違いを、商品自体に表記は、見えないぐらい小さい字で書かれているサッカーボールもあります、基本でき表示はないのは現状です
  • どのように、違いをみつけるか? 私も判れば、選びの基準として、商品を分けて表現して販売したいのですが、メーカーは、消費者はそこまで、気にしない観点から、表示なし、説明もなしで来ています。大量消費、修理なし、壊れたら新しい商品を購入にまわします、昔と違い1つの物を大切に使う考えは無くなりました今の時代ですね、私は残念に思います。しかし、メーカーの中でも商品技術開発に関わった営業の人もいます。私は興味がありましたので、よくそのM氏から、話を聞き覚えました。いろいろのサッカーボールの中で、いろいろなお客様に合うボールを選ぶヒントになりした。
  • ○日本ブランド(m社)は、アジア地域の土グランドの過酷な条件で使用 製品が進化していきました。弱い部分は改良されていき今につながり 日本特有の勤勉な努力が実り ワールドクラスサッカーボールは他社の商品を追い抜き引き離しナンバー1の存在に 世界のサッカー協会に認められています
  • その会社の商品がズバ抜けています 日本検定球4号は全商品 ブチルチューブを使用しています 
  • チューブ
  • チューブ
  • バルブ収納部分を裏側から確認 この部分にバルブが収まります
  • チューブ
  • バルブの反対側は重量バランスとりで重みがついてます
  • チューブ
  • その会社の商品は(a社)のサッカーボールもライセンス契約して作っていますので、その商品も丈夫です 
  • 5号球も一部を除く土グランド用は、ブチルチューブ使用で丈夫です
  • 海外ブランドの商品は一般てきに有名ですが、サッカーボールは、やっと追いつくでもなくまだまだです、やはり弾みのよさで売りにしても空気の補充をしないといけない状況 消費者は普通ではないと気がつきます。m社は、あたり前のように長い期間(使用条件により変わります)空気を補充することなく使えますからね。n社は、今では縮小一部のみブチルチューブ日本検定球あり 会社の方針で良く商品が変わります ほとんどのサッカーボールがマシンステッチになり安いですが、遊びでは十分です p社 最近は多くの新商品を出しています、手縫い、ブチルチューブ使用、日本検定、バルブも付いて良くなり、生地が厚くないのと、パネル手縫いの商品によりバラつきがあります 価格は安いですが、やはりサッカーボールはコストが掛かる(人間の手により作られる為人件費の安い発展途上国にゆだねる場合が多い・今でも問題視されているこどもが安い賃金でボールを作るため、正当な報酬で雇う支援団体がいます)商品ですので、数を売る商品のみが統一傾向にあります。簡単につくれるマシンステッチの商品が増えゆく時代 よりパネル手縫いは価格は上がるかも? 日本には2つボールメーカーがありどちらも、すばらしく良い商品を作っています。
  • 性能では上を行っていますが、海外ブランドのイメージが好い 今の時代より宣伝力があって、目に入ってくる見た目のデザインに奪われるお客様が多くなったように感じます
  • この時代だから、デザインだけにとらわれるのでは無く中身を知ってもらい、その競技に合った道具が、自身を育てます。内容をしてこそ、道具の使い方メンテナンスの仕方で、長く付き合えある自身に合ったサッカーボールを使いましょう。だれかの言う噂に流されないように